生活習慣病の早期発見に。
当クリニック人気の胃カメラコース

人間ドック

[基本コース/胃内視鏡(胃カメラ)]

81,400円(税込)

健康診断・血液検査・腹部エコー検査・胃の検査といった通常の人間ドックの項目に、男性には『前立腺がん』、女性には『卵巣がん』の検査をセットにしたコースです。胃の検査はご要望の多い胃内視鏡(胃カメラ)検査を標準セット。胃内視鏡(胃カメラ)検査はお部屋を複数ご用意し、多くの方が予約をとりやすい環境を目指しています。

  • 基本検査
  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部X線
  • 胸部CT
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー
  • 腫瘍マーカー
苦痛の少ない胃内視鏡(胃カメラ)
胃内視鏡(胃カメラ)をお選びいただいた場合、経口と経鼻から選択可能です。経鼻の検査は、カメラを鼻から入れるために口をふさがれず、検査中でも医師との話が可能です。初めて内視鏡(胃カメラ)検査を受診される方や、以前経口がつらかった方は経鼻をおすすめします。当クリニックは苦痛の少ない胃カメラ検査を目指しており、ご希望の方にはオプションで鎮静剤を使用し、眠ったような状態でリラックスして受診いただけます。
胸部CT
肺がん(がん死亡率1位*)の早期発見に有効な胸部CTも標準セットされています。80列マルチスライスCTで肺・縦隔をスライス状に切った画像を撮影します。胸部X線検査よりも精度の高い結果を得られます。 *国立がん研究センターがん情報サービス2017年統計データ参照
3種の腫瘍マーカー
消化器がん(大腸・直腸・胃)・肺がん・乳がん・膵臓がん・子宮がんの検出に有用なCEA、消化器がん(膵・胆のう・胆管)の検出に有用なCA19-9、さらに男性には、前立腺がんの検出に有用なPSA、女性には卵巣がんの検出に有用なCA125が標準セットされています。
所要時間
3時間未満
開始時間
8時台/9時台/10時台/14時台/15時台
結果説明
当日採血結果説明(無料)
対象となる主な疾患
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、梅毒(性感染症)、肝機能障害(B型・C型肝炎)、萎縮性胃炎、気管支喘息、肺気腫、肺結核、肺炎、肺癌、メタボリックシンドローム、生活習慣病、胆石、膵炎、肝臓・膵臓がん、不整脈、狭心症、心筋梗塞、大腸がん、大腸ポリープ・大腸炎 など
検査項目
基本検査等
基本検査等:診察・問診、計測(身長・体重・視力・聴力・血圧・BMI・腹囲)、尿検査(糖・蛋白・潜血)、体脂肪率、眼圧、大腸検査(便潜血2日法)
血液検査
末梢血液一般検査、循環器、肝機能検査、脂質、代謝系、腎機能、膵機能、電解質、感染症、血清学的検査、甲状腺検査、腫瘍マーカー【CEA、CA19-9、PSA(男性)、CA125(女性)】、その他(Ca、P、Mg、Fe)
胸部
胸部Ⅹ線直接撮影、胸部CT
腹部
上部消化管内視鏡検査(経鼻or経口)、腹部エコー(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓)
循環器
心電図検査
その他
眼底カメラ撮影、呼吸機能検査
注意事項
胃内視鏡(胃カメラ)検査について
経口又は経鼻を選択できます。経鼻の内視鏡検査は、カメラを鼻から入れるために口をふさがれず、検査中でも医師との話ができるなどのメリットはあります。しかし、経口のカメラの方が、より鮮明な画像で観察できるので、ピロリ菌感染およびピロリ菌除菌後のがん年齢(40~50歳以上)で胃がんのリスクの高い方、またはより確実な内視鏡検査をご希望の方は経口内視鏡をおすすめします。
※経鼻内視鏡検査は、鼻にシリコンを入れている方はご受診できませんのでご了承ください。
※鎮静剤をご希望の方は事前(予約時)にお申し込みください。
【鎮静剤の使用をご希望される方は必ずご確認ください】
・緑内障(疑い・眼圧が高い等を含む)、視神経乳頭陥凹拡大病変に該当される方は、予めかかりつけの眼科医に使用可能かご相談の上、送付の「鎮静剤使用に関する説明と同意書」を当日ご持参ください。鎮静剤を使用した場合、当日の車・オートバイ・自転車の運転、飲酒、運動はできません。また、検査後1時間程、休んでいただく必要があります。
胸部CT検査について
埋め込み型心臓ペースメーカーの一部の機種において、X線CT検査中に当該製品が部分的電気的リセットを引き起こす不具合事例がありました。該当の方はご相談ください。

その他「検査に関する注意事項」をご覧ください。