• TOP
  • コラム
  • 医師が動画で伝える“今、私達ができること”~吉形医師~

コラム

2020.05.20
吉形医師 健康 人間ドック・健診

医師が動画で伝える“今、私達ができること”~吉形医師~

外出自粛が続く中、"今、私達ができること”として、コロナ状況下における医師によるメッセージ動画を公開しています。 今回は、当クリニックに併設する「グランドハイメディック倶楽部 ハイメディック東京日本橋コース 倶楽部ドクター」に就任する、吉形玲美(よしかたれみ)医師からのメッセージです。

吉形医師が、健康のために普段から気をつけていること、食事以外で心がけていること、コロナウィルス対策で大切なことなどを語っていただきました。

現状コロナ影響下だけの医療崩壊が注目されていますが、第二波としてがんの手術や一般の手術など、急性期の治療が少し遅れてしまっている方たち、第三波として今は健康だけれども今後病気になってしまうかもしれない方たち(潜在的な病気をもっている方)の疾患や命に関わるリスクが 増えるといった、そのこと全体を医療崩壊として非常に懸念しているといったお話も。

そうならないためにも、十分距離をたもってしっかりとした予防対策をとった環境下で人間ドックを受けたほうが、デメリットよりもメリットのほうが大きいと話されています。その他、基礎疾患をもっている方のコロナウィルスの向き合い方など、見応え満載の内容ですのでぜひご覧ください。

   

監修者プロフィール

吉形 玲美 (よしかた れみ)医師
医学博士/日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
専門分野:婦人科

1997年東京女子医科大学医学部卒業。東京女子医科大学病院産婦人科の臨床現場で、婦人科腫瘍手術をはじめ産婦人科一般診療を手掛けながら、女性医療・更年期医療のさまざまな臨床研究に携わる。2010年~2016年まで浜松町ハマサイトクリニック院長を務める。2020年6月からグランドハイメディック倶楽部 ハイメディック東京日本橋コース 倶楽部ドクターに就任。 女性医療情報メディアILACY(アイラシイ)でコラムも掲載中

   
コラム一覧へ
このコラムについて

当ページに掲載されている情報は、開示日及び発表日当時の情報です。
現在行われているサービスや最新情報とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。